FC2ブログ
明日になれば忘れてしまう、そんな些細な事柄をコンパクトにしてお届け。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【File156(迷惑行為)】相鉄職員、JRで盗撮し逮捕
●容疑者:中老達也(31/相模鉄道職員)
●容疑:神奈川県迷惑防止条例違反
●逮捕日:2007年6月28日
●概略:2007年6月28日午後7時半頃、JR東海道線辻堂・平塚間で、普通電車に乗っていた16歳の女子高生のスカート内をビデオカメラで撮影した疑い
●補足情報:カメラを紙袋に入れて盗撮実施
●まとめ:同僚の目がある相鉄でやる勇気はなかったようで。
スポンサーサイト

【File154(器物損壊)】隣人トラブルで道路を堀り起こして逮捕
●容疑者:白柳直司(58/浜松市在住解体作業員)
●容疑:器物損壊
●逮捕日:2007年6月28日
●概略:浜松市にある舗装道路を掘り起こして破壊した疑い
●補足情報①:凶器?は「つるはし」
●供述:「排水処理を巡って隣人とトラブルになった。通行を妨害しようとした」
●まとめ:さすがは解体業

【File153(窃盗)】15歳の男子高校生、同級生女子の家ばかり盗みに入り、家裁送致
●家裁送致された人:男子生徒(15/成田市在住県立高校1年)
●家裁送致された理由:窃盗の非行事実
●概略:2006年1月16日から2007年3月20日にかけて、女子の同級生の自宅ばかり29戸に侵入し、現金約61万6000円、下着約100点、ゲーム等の物品約27万4000円を盗んだ疑い
●供述:「遊園地やゲームセンターなどで使う金が欲しかった」
●まとめ:動機、それだけじゃないよな?このヘ・ン・タ・イ!

【File152(情報漏洩)】重要書類保管が主業の日本パープルで、社員情報流出事故。終わったな。
●廃業必至の会社:日本パープル(東京都港区)
●廃業必至の理由:従業員や取引先担当者の個人情報、業務文書を流出
●発表した日:2007年6月28日
●概略:従業員の私有パソコンにインストールされたファイル交換ソフトを経由して外部へ流出した
●流出した物①:業務日報
●流出した物②:社内マニュアル
●流出した物③:プレゼンテーション資料
●流出した物④:同社従業員5人分の評定資料
●流出した物⑤:従業員86人分の情報を含む名簿他
●廃業必至の理由:同社の主業「機密データの保存や廃棄サービス」
●まとめ:だから使うなとあれほど・・・

【File151(詐欺)】朝鮮総連中央本部架空仮想売買で、元公安庁長官緒方重威逮捕
●容疑者:緒方重威(73/元公安調査庁長官)
●容疑:詐欺
●逮捕日:2007年6月28日
●概略:在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物をめぐる仮装売買事件による詐欺の疑い
●逮捕した人:東京地検特捜部
●まとめ:動きが速くて驚愕。しかし言わせてもらおう「売国奴に鉄槌を」

【File150(窃盗)】茨城県警笠間署、盗難自転車を見つけながら張り込み失敗で犯人を取り逃がす。二度も。
●間抜けだった人:茨城県警笠間署署員
●間抜けだった事:自転車泥棒2度取り逃がし
●間抜けだったと陳謝した日:2007年6月27日
●概略:盗まれた自転車を見つけながら、それを取りにくるはずの犯人を捕まえようとこれを放置したが、逮捕できず
●事の顛末①:自転車の持ち主は笠間市在住大学生で21歳の女性
●事の顛末②:2007年6月5日午後、笠間市内にあるJR友部駅南口の駐輪場へ、自転車を施錠して止めていたが盗難に遭う
●事の顛末③:翌6日、同署に被害届を提出
●事の顛末④:6月14日午後1時頃、同署署員が駅北口にある歩道で、鍵が壊された女性の自転車を発見する
●事の顛末⑤:連絡を受けた署幹部は「容疑者が現れる可能性がある」として張り込みを指示する。
●事の顛末⑥:しかし張り込み要員が足りず、監視は日中を中心にした時間帯のみ実施
●事の顛末⑦:6月16日午後11時頃、自転車が無くなっていた
●事の顛末⑧:6月17日午前2時頃、今度は駅から数百m離れた場所で再び署員が自転車を発見する
●事の顛末⑨:しかし、前回同様の措置をとったところ・・・
●事の顛末⑩:同じ日の午前9時頃、また自転車が無くなっていることに気がつく
●事の顛末⑪:同署は2回も自転車を発見したことを被害者に伝えなかった(恥かしくて?)
●補足情報:自転車は約1万8000円相当で「3月に買ったばかり」(被害者)
●警察の言訳:「駅付近では自転車盗が多く何としても容疑者を見つけたかったが、結果的に判断に問題があった」(平根修副署長)
●まとめ:三度目の正・・・、いや二度ある事は三度あるかな?

【File149(殺人未遂?/海外)】妻に頭を撃たれた夫、痛みを動脈瘤だと間違える
●信じられない事態で入院した人:男性患者(45/マイアミ在住)
●信じられない事態で入院させた人:男性患者の妻
●信じられない事態が判明した日:2007年6月26日
●事の顛末①:男性患者はひどい頭痛で朝目覚める
●事の顛末②:男性患者は動脈瘤を疑い、妻に救急治療室への搬送を依頼
●事の顛末③:男性患者を見た看護婦は「銃で撃たれたように見えます」と告げる
●事の顛末④:男性患者はそれに「そんなはずはない」と答える
●事の顛末⑤:男性患者の右耳後部から銃弾が発見される
●事の顛末⑥:妻は銃弾発見と共に姿を消す
●事の顛末⑦:26日未明になって妻が銃発射を認める
●事の顛末⑧:処置を受けた男性患者の容体は安定している
●警察の対応①:妻を武器関連の法律違反で拘置中
●警察の対応②:余罪の追及
●まとめ:人間ってタフだよね。

【File148(猥褻)】64歳の男が中学2年生と売買春で逮捕
●容疑者:鈴木英夫(64/茨城県取手市井野在住東京都立工業高等専門学校非常勤講師)
●容疑:児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕した。
●逮捕日:2007年6月28日
●概略:2007年3月18日に、東京都新宿区内にあるホテルで、当時中学2年生だった14歳の女子生徒に現金10万円を渡し、みだらな行為をした疑い。
●補足情報:2人は出会い系サイトで知り合っている
●まとめ:10万もらっても口割っちゃうわけですよ?平成生まれに手を出しちゃダメってことっす、おじいちゃん!

【File147(殺人)】バイクのヘルメット収納スペースに幼児を入れてパチンコを打ち、死亡させたDQN夫婦が再逮捕
●容疑者①:田宮元貴(22/豊中市在住無職/死体遺棄罪で起訴)
●容疑①:殺人
●容疑者②:田宮美香(21/豊中市在住無職/死体遺棄罪で起訴)
●容疑②:監禁致死
●再逮捕日:2007年6月27日
●概略:2007年1月31日午後、同府豊中市にある自宅駐車場で、当時1歳だった美香容疑者の長男峯松優ちゃん(名字が違うのは、美香容疑者と離婚した元夫の間にできた子供だった為)をバイク座席下のヘルメット収納スペースに入れて近くのパチンコ店に出かけ、そのまま近くの歩道に放置して窒息死させた疑い
●補足情報①:2人が死体遺棄罪で逮捕されたのは2007年5月17日
●補足情報②:きっかけは2007年4月23日に能瀬町天王にある道路の側溝で、頭に水色のポリ袋をかぶせられた裸の幼児の遺体が発見されたこと
●補足情報③:この幼児が峯松優ちゃんだと判明し2人の逮捕へ
●補足情報④:当時は「バイクのヘルメット収納スペースに入れて外出し、戻ったら死んでいた」、「パチンコに行く為に死ぬ前日も同じように実験し、大丈夫だと思った。死なせるつもりはなかった」と殺意を否認する供述をしていた
●供述①:元貴被告「パチンコの途中、4回目に様子を見に行った時には死亡していた。死ぬと思わなかった」
●供述②:美香被告「(元貴被告が)”時々様子を見るから”と話していたので、大丈夫だと思った」
●まとめ:だから、優ちゃんをそんな場所に入れておいたことが罪なんだって、何度言えば・・・orz

【File146(殺人/海外)】7歳男児が8歳のいとこを誤って射殺する
●概略:男児が室内にあった銃を誤って発砲し、弾がいとこに当たった
●補足情報①:当初、死亡したいとこの母親は武装した3人組が侵入し、殺害に至ったとしていた
●補足情報②:しかし6月25日になって「事故死だった」と告白した
●補足情報③:凶器となった銃は未登録、つまり不法所持
●補足情報④:入手経路は特定されていないが、いとこの兄が関与していた疑いが指摘されている
●補足情報⑤:ボストンのメニーノ市長はこの報を聞き出張先のロサンゼルスから急遽戻り、本件の対応開始
●まとめ:それでも銃廃止の議論は白熱しない。それがアメリカ・クオリティ。

【File145(偽装)】ミートホープ田中社長、BSEが偽装の発端と語る
●めちゃくちゃな理屈を言った人:田中稔(68/食肉加工販売会社ミートホープ社長)
●めちゃくちゃな理屈:牛ひき肉に別の肉を混入させ始めた動機を「BSE(牛海綿状脳症)問題で粉状の牛肉が手に入らなくなったため」と説明した
●調査発表した人:民主党
●まとめ:偽装って言葉の意味から教えないといけないんすね。ありがとうございました。

【File144(偽装)】もっと出てきたミートホープの極悪な側面
●極悪な人:田中稔(68/食肉加工販売会社ミートホープ社長)
●極悪な事:貯蔵雨水を原料肉の解凍に転用。食品衛生法違反(申請した使用水以外の水使用)の疑いが浮上
●補足事項①:貯蔵雨水は本社工場の床清掃に使用する為のもの
●補足事項②:社屋の屋上で集められ、配管を通って地下にある広さ約7平方メートル、深さ約2メートルの水槽にいったん貯蔵
●補足事項③:水槽には消毒液の次亜塩素酸を投入していた
●補足事項④:この水をコンテナに移し、この中にビニール梱包されたままの冷凍肉を入れ解凍
●補足事項⑤:水道代節約の為に実施
●補足事項⑥:コンテナ内ではビニール梱包が剥がれて浮いているケースもあった(つまり肉が雨水に直接浸っていた・・・)
●元従業員の証言①:「不衛生と社長に指摘しても、”消毒液が入っているから大丈夫だ”と取り合ってくれなかった」
●元従業員の証言②:「社長は”お金がかからない”と言っていた」
●まとめ:その肉、自分でも食えなかったんじゃね?

【File143(偽装)】更に出てきたミートホープのワルな側面
●実は大変ワルかもな人:田中稔(68/食肉加工販売会社ミートホープ社長)
●実は大変ワルかもな事:同族役員へ多額の報酬支払い
●実は大変ワルかもな年度:同社2006年3月期決算
●概略:田中社長、役員だった妻、専務の三男に計約1億3000万円の支払を行っていた
●補足事項①:同社同期の売り上げは約16億4500万円
●補足事項②:経常利益は約8500万円
●補足事項③:田中社長、妻、三男の専務への役員報酬合計は約5280万円
●補足事項④:名目は取締役だったが実際はパート的作業だった妻は同期で役員を退任、それに対して役員退職金を8000万円計上している
●補足事項⑤:税務署から妻への退職金、及び系列会社に2割引で食肉を卸していた点が寄付行為と指摘を受け、追徴課税が実施されている
●補足事項⑥:結果的に純利益は-約3100万円
●まとめ:これで従業員全員を解雇。刺されるな、こりゃ。

【File142(偽装)】2007年6月27日のミートホープ田中社長
●相変わらずな人:田中稔(68/食肉加工販売会社ミートホープ社長)
●相変わらずな事:また暴言
●相変わらずな日:2007年6月27日
●概略:記者から「変色した肉をタレにつけ、色をごまかしているという話もあるが?」と質問され「こんなこと言っちゃったらスーパーさんに怒られちゃうけど、タレ付の肉はどうなんですかねぇ」
●まとめ:姉歯化加速中

【File141(猥褻)】ダイエットを装い女性の身体を触った男、逮捕
●容疑者:吉田淳一(46/兵庫県西宮市在住自営業)
●容疑:強制わいせつ
●逮捕日:2007年6月27日
●概略:ダイエットを装い女性にわいせつな行為をした疑い
●手口①:まずインターネット上で「バスト・アップ・ダイエット」の無料モニターを募集する
●手口②:応募してきた京都市右京区在住で26歳の女性宅を2006年9月から10月にかけて3回に渡り訪問
●手口③:「女性ホルモンを分泌する為のマッサージ」と称し、服を脱がせた上でわいせつな行為に及んでいた
●補足情報①:不審に思った女性が京都府警右京署に被害届を提出した
●補足情報②:同署では余罪を追及する方針
●供述:「エクササイスの一環として行った」
●まとめ:今度は、ビリーズ・ブートキャンプ行っときなって。

【File140(交通事故)】中3女子3名、パトカーに追われ原付バイクで花壇に激突
●素直にお縄になればよかった人:女子中学生3人(全員14歳/静岡市立中学3年在学)
●素直にお縄にならず起きたこと:顔の骨を折った人1名、前歯を折った人2名
●お縄になるはずの理由:原付バイクの3人乗り
●概略:2007年6月27日午前3時頃、静岡市葵区安倍町の路上で、女子生徒3人が乗った原付きバイクを静岡中央署のパトカーが発見し、停止を求めた。しかしバイクが逃走した為サイレンを点灯して追跡したところ、道路脇の花壇に激突した。
●補足事項①:バイクの逃走距離は約1・5キロ
●補足事項②:バイクは盗難車だった
●静岡県警静岡中央署和田知明副署長のコメント:「追跡方法に問題はなく、適正な職務執行だった」
●まとめ:DQNだね。

【File139(時事)】小林尊、NYホットドック早食い7連覇に大ピンチ到来
●大ピンチの人:小林尊(29/大食い・早食いチャンピオン)
●大ピンチとは:6連覇中のニューヨークホットドック早食い大会に出場できない可能性大
●大ピンチの理由:顎関節症を発症中
●概略:自身のブログで。「フードファイターにとっての顎関節症は、野球で言えば投手がひじの故障をしたようなもの」と説明し、現在口の稼動範囲が指一本分しかないことを告白
●補足事項①:今年も同大会はアメリカ独立記念日の7月4日に開催される
●補足事項②:その圧倒的な強さから現地ではTSUNAMIと称されている
●NYメディアの反応①:「早食い王に故障。出場危機」(エイエム・ニューヨーク紙)
●NYメディアの反応②:「顎の痛みがチャンピオンに減速を強いるかも?」(メトロ紙)
●まとめ:信頼できる医者がいる、と本人はまだ諦めず。しかし、胃袋より先に顎がネを挙げるとは・・・。

【File138(交通事故)】都電の側面にタクシーが激突する
●タクシーが攻撃したもの:都電
●タクシーが攻撃した場所:踏み切り
●タクシーが攻撃した日:2007年6月26日
●概略:同日午後8時40分頃、東京都豊島区東池袋にある都電荒川線東池袋4丁目・向原間の踏み切りで、タクシーが衝突した
●補足事項①:52歳のタクシー運転手と32歳の乗客女性が病院に運ばれたが軽傷
●補足事項②:都電の乗客18人と運転士は怪我なし
●補足事項③:事故は遮断機が降り、都電がそこを通過しようとしていたところに、タクシーがサイドアタックをしかけて発生している
●補足事項④:警視庁巣鴨暑が原因を捜査中
●まとめ:勝てると思った?

【File137(偽装)】ミートホープ田中社長、偽装は約40年前から?
●まだまだボロが出てくる人:田中稔(68/食肉加工販売会社ミートホープ社長)
●出てきたボロ:馬肉に牛脂を混ぜて「牛カルビ」
●出てきたボロの証言者:取り引きのあった67歳の男性
●出てきたボロの発生時期:約40年前
●概略:ミートホープ社設立以前に勤務していた食肉会社で、既に偽装を行っていた?
●まとめ:さすがはアイディア社長!若い頃からバリバリだ!

【File136(時事)】キャメロン・ディアス、謝罪する
●謝罪した人:キャメロン・ディアス(35/アメリカ在住女優)
●謝罪した相手:キャメロンを批判していたペルーの人達
●謝罪した理由:ペルーを訪問中、毛沢東の言葉をモチーフにデザインされたバッグを持ち歩いていた為
●謝罪した日:2007年6月25日
●概略:ペルーでは1980年から2000年にかけて左翼ゲリラ「センデロ・ルミノソ」が、約4万人を殺害しているが、この組織の掲げていたスローガンが毛沢東の思想だった
●謝罪の言葉:「傷つけてしまった全ての人に謝罪したい。バッグは中国を旅行した時に買ったもので、プリントされた言葉が誰かを傷つけるとは思わなかった」
●補足情報:バッグの言葉は「人民に奉仕する」
●まとめ:けざわくん、おいらのキャメロンを泣かすなよ。

【File135(爆発)】中学生6人が部屋を爆発させて病院へ搬送される
●病院に搬送された人:中学3年生の男子生徒4人と女子生徒2人(仙台市在住)
●病院に搬送された理由:火傷
●病院に搬送された日:2007年6月26日
●概略:2007年6月26日午後6時半頃、仙台市宮城野区にある3階建てマンションの3階の1室で爆発が起きた
●補足情報①:男子生徒1人がのどの火傷で重傷
●補足情報②:他5人は全身火傷などで重軽傷
●補足情報③:通報を受けて宮城県警仙台東署の署員が駆けつけた時、6人はマンションの外に呆然と立っていた
●補足情報④:爆発があった部屋は火傷を負った女子中学生のうちの1人の部屋
●補足情報⑤:爆発した部屋からはスプレー缶やカセットコンロのガスボンベ計10本が発見されている
●補足情報⑥:他にライターとタバコも発見されている
●補足情報⑦:現場は窓ガラスが割れ、壁の一部が倒れた上、物が散乱して足の踏み場もない状況だった
●警察の対応:激発物破裂容疑で取り調べる方針
●まとめ:ガスを吸ってトリップ感を楽しんでいたものと思われ。そこでタバコに火をつけりゃそら爆発するよ(爆)。

【File134(時事)】ズボン1本訴訟、訴えを退ける判決が下る
●参考記事:File50
●今後の仕事に支障をきたすだろう人:ロイ・ピアソン(行政法審判官)
●今後の仕事に支障をきたすだろう理由:敗訴
●今後の仕事に支障をきたすだろう判決の日:2007年6月25日
●概略:「満足保障」とのキャッチフレーズを掲げた韓国人が経営するクリーニング店に預けたズボンを紛失されたとして、慰謝料、経費を含めて総額5400万ドルを求めた裁判で、ワシントン地裁が原告の訴えを退ける判決を下した
●判決内容:「合理的な消費者は「満足保障」の意味について、顧客の不当な要求を満たす義務があるとはいう風には解釈しない」
●まとめ:売名行為だよな、この訴え。本気だったら、ヤバいだろ?(苦笑)

【File133(名誉毀損)】学校裏サイトの中傷書込み削除を無視した管理者、不起訴に
●不起訴になった人:20代男性(大阪市在住「学校裏サイト」管理者)
●不起訴になった理由:名誉毀損幇助ではなく侮辱罪に相当する為、嫌疑不十分と判断された
●不起訴になった日:2007年6月25日
●概略:2006年10月から11月にかけて、大阪市内にある私立中学校の情報を交換する「学校裏サイト」上で、当時13歳だった女子生徒の実名を掲げ、中傷する書込みがされたものを、削除要請を受けながらこれを放置した為、2007年1月に書類送検されていた
●補足情報:侮辱罪には幇助を罰する規定がない
●まとめ:書いたヤツだろ、悪いのは。

【File132(時事)】神奈川県の大磯町で町議会の過半数を女性が占める
●全国初になった議会:神奈川県大磯町議会
●全国初になった事:議員の過半数を女性が占めた
●概略:6月24日投票の町議会選挙で定数14のところ女性が8名当選した
●補足情報①:立候補は男性12に対して女性10だった
●補足情報②:改選前は定数18に対して女性9だった
●関係者のコメント:「過去のデータはないが、おそらく全国の町村議会では初めて」(全国町村議会議長会)
●まとめ:とりあえず、トリビアとして覚えておきますかね。

【File131(漫画)】どうでもいいけど明日発売のマガジンで、涼風の妊娠判明!(爆)
●大笑いの漫画:週刊少年マガジン連載「涼風」
●大笑いの内容:涼風妊娠3ヶ月!
●まとめ:初めてで大当たりだって(爆)。何このご都合主義。さすがは宇宙人の物語ですね。ありがとうございました。
●証拠画像:Here

【File130(傷害)】認知症患者の生爪を剥いだ看護師、刑事告発へ
●非道なことをした人:女(40/北九州八幡東病院看護師で病棟課長)
●非道なこと:入院患者の生爪を剥いだ
●非道なことをされた人:認知症で入院している全員70代以上の4名(男性1、女性3)
●補足情報①:この病院は長期療養型の医療機関
●補足情報②:本件を2007年6月25日に発表後、病院では翌6月26日に傷害罪で福岡県警八幡東署に届け出る方針
●女の主張:「(爪は)自然にとれた。処置のつもりでやった」
●まとめ:とれねーよ。

【File129(殺人)】高野山の写真館店主殺人事件、検察が17歳少年に懲役15年を求刑
●被告:元高校生少年(17/事件当時16歳)
●罪状:殺人
●求刑日:2007年6月25日
●求刑:懲役15年
●概略:少年は高校2年だった2006年4月24日夕方、鬱憤を晴らそうと写真館で同店経営の久保田耕治さんを炊飯器で殴るなどして殺害している。
●補足情報①:2007年1月29日和歌山地裁で開かれた初公判で、少年は罪状認否で「殺意があったというのは違います。よく覚えていないです」と殺意を否認している。
●補足情報②:少年は和歌山家裁実施の精神鑑定で、周囲の環境になじめない「適応障害」と診断されている
●弁護側主張:「少年に犯行時の記憶がほとんどなく、被害者の死は念頭になかった」として、傷害致死罪が相当と意見陳述し、少年の更生には刑罰よりも少年院送致などの保護処分がふさわしいとして、再び家裁へ移送するよう求めている
●検察側主張:「少年が母親との関係に悩んでストレスを蓄積し、鬱憤を晴らそうと写真館を訪れた」と位置づけ、犯行時は繰り返し暴行を加えるうち、死んでも構わないと「殺意」を抱いていたと指摘している。
●公判までの経緯:少年は殺人容疑で逮捕され、家裁に送致されている。家裁は2006年8月に「未必の故意を含む殺意があった」として検察官送致(いわゆる”逆送”)を決定し、これを受けて和歌山地検が起訴している。
●まとめ:行きずり殺人の側面を重視すべき。厳罰を以って処す、が妥当では?ってか適応障害はキチガイとは言えないよね?

【File128(連れ去り)】中学2年の女子生徒が、幼児を連れ去る
●容疑者:中学校2年の女子生徒(14)
●容疑:未成年者略取の非行未遂
●補導日:2007年6月25日
●概略:2007年6月25日午後3時55分頃、京都市右京区にある「ダイヤモンドシティ・ハナ」の2階ベビー用品売り場にいた同区在住で1歳7ヶ月の女児を連れ去ろうとした疑い
●補足情報①:女児はベビーカーに乗せられていた
●補足情報②:女子生徒がベビーカーを押しているのを同店駐車場で発見される
●供述:「かわいかったから」
●まとめ:・・・よくわかりません

【File127(窃盗)】神奈川県立高校教諭が、高校総体会場で置き引きに失敗し逮捕
●容疑者:山ノ井久(47/神奈川県立高校教諭)
●容疑:窃盗
●逮捕日:2007年6月25日
●概略:2007年6月24日午後2時半頃、平塚市にある「馬入ふれあい公園」で開かれていた県高校総体決勝の取材に訪れていた新聞記者のバッグから、現金2万円を抜き取った疑い
●補足情報①:記者も含め、周囲が試合観戦で夢中になっていた中で犯行を実施
●補足情報②:記者は荷物を本部テントに置き取材に出ていた
●補足情報③:山ノ井容疑者がおかしな動きをしているところを偶然テントの中にいた女性が見て、犯行が発覚した
●補足情報④:山ノ井容疑者は勤務している高校でサッカー部の顧問を担当
●補足情報⑤:会場には県高体連サッカー専門部の会計担当としてやってきていた
●補足情報⑥:ただし、これはあくまでも自称
●供述:「借金があった。申し訳ない」
●まとめ:余罪、大丈夫?

【File126(傷害)】74歳の男が小1の男児をモデルガンで撃つ
●容疑者:関豊(74/川崎市川崎区在住無職)
●容疑:傷害
●逮捕日:2007年6月25日
●概略:2007年6月24日午後4時頃、モデルガンで小学校1年の男児を撃ち、軽傷を負わせた疑い
●補足情報①:発端は自宅前の路上で両親の車のクラクションを鳴らして遊んでいた男児とその姉達に関容疑者が「うるさい」と叱ったこと
●補足情報②:これに対し男児が「くそじじい!」と応戦
●補足情報③:モデルガンを持ち出し、男児に向けてBB弾を発射、これが男児の右こめかみに命中した
●供述:「カッとなってやった」
●まとめ:くそじじいはないよなぁ、やっぱ。
Copyright © 小ネタParadiseぅ!. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。