FC2ブログ
明日になれば忘れてしまう、そんな些細な事柄をコンパクトにしてお届け。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【File187(参院選特集④)】鹿児島テレビ、落選候補に当確を打つ
●踊らされた人:皆吉稲生(民主党/鹿児島選挙区より立候補)
●躍らせた人:KTS(鹿児島テレビ)
●踊らされた理由:当選確実が誤報
●概略:2007年7月29日に実施された参議院選挙の開票速報で、鹿児島選挙区の開票率が97%となった午後11時43分に「当確」と報道し、インターネット上の同局サイトでも同様の情報を表示したが、7月30日午前0時18分にサイトの書換を、午前0時40分には放送中に誤報の謝罪を行った。
●補足情報①:KTSは1990年の衆院選、99年の県議選でも落選した候補に当確を出した過去がある。
●補足情報②:「当確」を受けて喜ぶ皆吉氏の選対事務所の様子を中継し、選対幹部にインタビューまで行っている
●補足情報③:実際の票数は加治屋義人(自民)402,541票/皆吉稲生(民主)399,877票/差は2664票
●踊らせた後始末①:謝罪放送直後、KTSの川越保光報道制作局長と山口報道部長は、皆吉さんの選挙事務所や自民党県連を訪れ誤報の経緯を説明し謝罪を実施。
●踊らせた後始末②:抗議や苦情の電話、メールの対応を実施(寄せられたメールは84通とのこと)
●踊らせた人の言い分:KTSの山口修平報道部長「独自取材で票読みをした際、当選した加治屋義人さんの票を2500票少なく、皆吉さんを1000票多く見積もっていた」
●踊らされた人のコメント:「徹底的に検証してほしい」
●まとめ:97%まで待てて、なぜ100%まで待てない?(苦笑)
スポンサーサイト

【File185(参院選特集③)】小嶺忠敏元国見高校サッカー部監督、吹っ飛ぶ
●吹っ飛んだ人:小嶺忠敏(自民党/長崎選挙区から出馬)
●吹っ飛んだ事:参院選落選
●吹っ飛ばした人:久間元防衛大臣
●吹っ飛ばした一言:原爆投下はしょうがなかった
●吹っ飛んだ人との関係:参院選出馬を擁立
●吹っ飛ぶまでの概略①:参院選出馬表明後は楽勝ムード
●吹っ飛ぶまでの概略②:6月末に失言炸裂
●吹っ飛ぶまでの概略③:自民党つながりで小嶺事務所にも苦情殺到
●吹っ飛ぶまでの概略④:「私の父は戦争で亡くなった。戦争や原爆は大反対」とアピール
●吹っ飛んだ結果:民主党大久保潔重氏35万2953票、小嶺氏33万1147票
●吹っ飛んだ人のコメント:「選挙の世界はスポーツの世界とはちょっとかけ離れたところがあるんじゃないか」
●まとめ:味方の自爆を背に受けて失速とは。選挙って怖いよね。

【File184(参院選特集②)】投票用紙誤交付が続出
●やっちゃった人:各地の選挙管理委員会関係者
●やっちゃった事:投票用紙の誤交付
●やっちゃった日:2007年7月29日
●概略:選挙区、比例区の投票用紙を投票にきた人へ反対に交付していた
●事例①埼玉県川越市:朝7時の投票開始以降、投票者12人に逆配布を実施。13番目の有権者が職員に間違いを指摘して発覚
●事例②茨城県太子町:朝7時の投票開始以降、投票者5人に対し逆配布を実施
●事例③山形県(市町村名不明):3人に対し逆配布を実施
●事例④新潟県(市町村名不明):14人に対し逆配布を実施
●事例⑤長野件(市町村名不明):9人に対し逆配布を実施
●事例⑥岐阜県(市町村名不明):10人に対し逆配布を実施
●事例⑦三重県(市町村名不明):9人に対し逆配布を実施
●補足情報①:太子町の場合、担当者2名が確認する体制だったが、共に気がつかず
●補足情報②:投票者が逆配布に気がつかず記載していた場合、無効となる
●まとめ:早起きして出向いたらオチがこれとは。切ないねぇ。
Copyright © 小ネタParadiseぅ!. all rights reserved.
さくらと空 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。